ホーム売却の流れ > 売却アドバイス

売却アドバイス


より早く、 良い条件で売るために

不動産を売却すると言うことは、高額な商品を売る事です。

商品となれば、見栄え良く、そして見やすいようにしなければなりません。

購入者の立場に立ってより良い商品にしましょう。

たとえ早く売れても、売却後にトラブルがあると大きな出費になるリスクも有ります。

未然にトラブルを防ぐ販売方法も必要です。


1. 査定価格の確認

不動産会社の査定報告書の内容をしっかりと確認します。

販売(成約)事例が古いと査定価格より実売価格が下がる場合も有ります。

また、査定価格は成約事例で計算される為、近隣の同程度の販売価格より少し低くなります。

査定報告時に営業スケジュールや販売方法の提案書を作成してくれる不動産会社なら良心的な不動産会社でしょう。

自分の家は可愛いけども、客観的に見ることが重要です。


2. 価格の設定

市場より高く価格設定した場合、成約の見込みがない高価格の不動産を不動産会社は熱心に営業はしないでしょう。基本は近隣の市場に合わせるのが一番。

早期売却を狙うのなら少し安めの価格設定で。また、価格の交渉があったときのために最低限の価格条件なども決めておきましょう。


3. 付帯物の確認

付帯物設備(照明器具やエアコンなど)があるときは、置いて行くもの・取り外すものを書面で決めておきます。それがセールスポイントになることもあります。

逆に壊れて使えないものや修理が必要なものは予めその旨を伝える事で引き渡し後のトラブルを無くす事が出来ます。

特にエアコンや給湯器などは不具合があった時にトラブルになりやすいので気をつけます。

付帯設備の一覧表は不動産会社が用意してくれます。


4. 購入希望者が知りたい事

購入希望者が売主さんに良く聞かれる事があります。

土地や一戸建では土地の境界や騒音等周辺環境、近隣にお住まいの方の情報など。

マンションでは上下階にお住まいの方の状況や音のトラブルの有無など。

子供をお持ちの場合は教育環境や同年代の子供がいるかどうかなど。

そして今までの建物の状況。過去雨漏りがなかったか、シロアリは大丈夫か、メンテナンス状況はどうなのか・・・

外壁や屋根の塗り替えは何年何月、浴室のリフォームは何年何月に工事、ガス給湯器を何年何月に交換したなど、リフォーム歴をちゃんと把握しておきましょう。

大切にメンテナンスされた家は好印象を与えます。


ご売却相談は TEL 08ご売却相談は TEL 0800-777-21032-927-6840

5. 何と言っても第一印象

購入希望者が現れたら現地を見てもらうことになります。

購入の検討に値するかどうかは、第一印象でまず判断されますので、お客様を迎える準備が必要です。おもてなしの心でお迎えしましょう。

  1. 香りと臭い
    家中の窓を開け放して空気を入れ替えます。
    自分では気付かない臭いが大敵です。
    特にペットを飼っていらっしゃる場合は気をつけないといけません。
    自然のほのかな香りのする芳香剤を置くのも良いでしょう。

  2. 明るい部屋
    カーテンやブラインドを開けて明るくします。
    照明器具は全部点けておきましょう。
    この時に、電球が切れていないかチェック。
    切れていれば直ぐに取り替えます。

  3. ほこりや汚れを掃除しましょう。
    掃除のポイントは、ガラスやメッキ部分をぴかぴかに。
    要は目立つ所を重点的に磨けばその他は普通でも奇麗な印象を受けます。

  4. 見えない所も整理整頓
    押入や物入れの中も整理整頓しましょう。
    荷物が一杯に入っていても整理されていれば印象が良くなります。

  5. バルコニーや庭、物置
    使わない荷物や道具があれば、整理整頓します。
    除草もしましょう。

  6. 出来る限りのメンテナンスを。
    網戸・障子・ふすま紙の破れは補修します。
    ホームセンターに売っている修理用商品と道具でご自分で直す事も出来ます。

  7. 除草
    土地や空き家で売る時は、除草をしましょう。


6. 笑顔で待機

おもてなしの準備が出来たら自信を持って笑顔で待機。

接待は挨拶と質問に答える程度で営業は不動産会社の営業マンに任せましょう。

果報は寝て待て。

きっと良い知らせがありますよ。



ご売却相談は TEL 082-927-ご売却相談は TEL 0800-777-21036840

ダウンロード
ご売却のアドバイス(PDF版)
不動産の売却にかかわる事をミニ読本で解説
不動産の売却について.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 920.5 KB

 

  次のページ → 広告営業活動 

 


査定申込ボタン